立川談洲と山崎ケイの馴れ初めは?【公開プロポーズ】がイケメンすぎる

ママの小話

皆さんこんにちは(*^^*)

 

ちかちかです。

 

相席スタートの山崎ケイさんと結婚された立川談洲さんですが一体どんな人なの?山崎ケイさんとの馴れ初めは?プロポーズの言葉は?調べてみたらイケメン旦那の一途すぎて胸キュンがやばかったのでご紹介します。

スポンサーリンク

立川談洲のプロフィール

本名:大江 すぐる

前座名:立川談洲
だんす
 

活動開始時期:2017年~

生年月日:1987年10月14日(33才)

師匠:立川談笑

配偶者:山崎ケイ

同期:横澤夏子、鬼越トマホーク

保有資格:ヒップホップダンス基本技能指導士(小中学校でのダンスの授業の指導資格)

爽やかなルックスの方ですね。ヒップホップダンス関連の資格を持っていますがダンサーの経験はないそうです。実際に踊ってみたらどんな感じか気になりますね。
立川談志さんの弟子の弟子ということで孫弟子にあたるそうです。
スポンサーリンク

山崎ケイと結婚!2人の馴れ初めは?

なんと、立川談洲さんの誕生日に結婚されたんですね。山崎ケイさんのお父様と立川談洲さんの誕生日が同じでなおかつ大安だったため10月14日に入籍されたそうです。

 

ちなみに山崎ケイさんの誕生日は1982年6月13日で5歳下の旦那サマになるんですね。山崎ケイさんは立川談洲さんのことを『シューちゃん』と呼んでるそうですよ。立川談洲さんは『ケイちゃん』『ケッちゃん』などさまざまな呼び方をするそう。

 

2人の馴れ初めは、約10年前。山崎ケイさんのことを立川談洲さんが好きだという話という話を耳にしたのが初めでした。

 

しかし、山崎ケイさんの立川談洲さんに対する第一印象は「なんか尖ってるなぁ」というものであまり良いものではなかったそう。

 

それから何回も飲みに行くような関係になったけれど付き合うという感じではなかったそう。ケイさんもはっきり「ないです!」と。タイプじゃないと今でもはっきり言ってます。

 

そんな2人が付き合うきっかけになったのは立川談洲さんが芸人を辞めて落語家に転身した後。会えなくなって初めてケイさんに対する気持ちに気づいた立川談洲さん。結婚したいと思うくらい強い気持ちがあることに気づきます。

 

そしてようやく2人でご飯に行けることに。これが最後のチャンスと思い「結婚を前提に付き合ってくれませんか」と告白&プロポーズ?で思いを伝えますが『ありがとう。けど、これからモテキが来る予定だからごめんね。』と断られます。

 

しかし返しの雰囲気から完全にゼロではないと希望を見出して諦めずにご飯に行く関係を続けます。そんな曖昧な関係を続ける中、ケイさんが立川談洲さんの誕生日に2人で旅行しようと誘うのです。そこで初めて付き合えてるという関係性を認識できたそう。ここまでおよそ1年半。何度断られてもアタックする姿は本当にすごいです。

スポンサーリンク

プロポーズの言葉は?

プロポーズの言葉はなかったそうです。しかし!!結婚報告のライブ配信内で改めてプロポーズするという流れに!

「順番は前後しまして、今朝婚姻届を提出して大江ケイさんになっていますけれど、ずっと気持ちは変わらず、なんなら深まる一方で、僕と結婚してほしいと思っています。今後の人生、お隣よろしいですか。」『どうぞ!(照)』

 

キャーーーー!!!見てるこっちが照れますね。こんなに思われるケイさんは本当にいい女間違いないですよね。

スポンサーリンク

シューちゃんの由来

立川談洲さんのことをシューちゃんと呼ぶケイさん。その由来は本名の「すぐる」の”す”がシューに変形したそう。立川談洲さんの「だんす」から来てたのかと思ったらそれは関係ないそうです。

スポンサーリンク

結婚式は?

結婚式の予定は今の所ないそうです。立川談洲さんとしてはケイさんの花嫁姿は見たいそうですが、コロナのこともあるし今は考えてないそうです。

 

コロナが落ち着いたら結婚式もされるかもしれませんね。花嫁姿が見たいなんて言われるケイさんが羨ましい~!

スポンサーリンク

山崎ケイは改名するの?

山崎ケイから大江ケイになったケイさんですが、改名はしないそうです。その理由はボケた時のネタが山崎ケイ時代のネタね、みたいな感じになるのが微妙なのと、夫婦別姓が話題になりやすい時代背景も考慮して山崎ケイのままで活動を続けていくそうです。

スポンサーリンク

まとめ

立川談洲さんと山崎ケイさんの馴れ初めについてご紹介しました。結婚報告動画の中で立川談洲さんのケイさんに対する愛が溢れていて見ていてニヤニヤが止まりませんでした。この先の2人の活躍が気になりますね!

 

 

以上、ちかちかでした(*^^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました