【ダンソン】バンビーノって今何してるの?改名した理由は?

ママの小話

皆さんこんにちは(*^^*)

 

ちかちかです。

 

2015年に『ダンソン! フィーザキー トゥーザテーサーザ コンサ!』のリズムネタでブレイクしたバンビーノですが今は何をしているのでしょうか?2020年7月に2人とも改名したとのことですがその理由について気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

バンビーノのプロフィール

(引用元:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5081

コンビ名:バンビーノ
左が藤田ユウキ(改名前→藤田裕樹)、右が石山タオル(改名前→石山 大輔)

結成年:2008年

所属事務所:吉本興業

同期:アイロンヘッド、尼神インター

芸風:主にコント

スポンサーリンク

改名したのはコロナが理由?

2020年7月に2人揃って改名したバンビーノ。もともと改名することを考えていた石山タオルさんですがコロナにより自粛生活をする中でダンソンリズムネタがソーシャルディスタンスを保てないネタであることに気づき大変な危機感を感じたそう。

 

何か新しい動きをしなければと考えた結果、かねてより考えていた改名を決意したそうです。コロナの影響って凄まじいですね。確かに『ニーブラ!!』は密の状態は避けられませんもんね・・・。

スポンサーリンク

タオルという名前にした理由

石山大輔という名前に少し堅さを感じていたため柔らかくて軽い名前を考えた結果、タオルという身近にあって親しみのあるモノの名前にしたそうです。タオルという特定のモノの名前をつけることでタオル関連の仕事ももらえる可能性も出てくるため改名はメリットしかないと思ったとのこと。

 

タオルという名前に変えたことで石山タオルというキャラクターを演じている感覚になり、いろいろなことが言えるようになったそうです。名前が持つ力ってすごいですね。

スポンサーリンク

藤田ユウキは改名するつもりはなかった?

石山タオルさんとは違い藤田ユウキさんは改名するつもりはなかったそうです。しかし石山タオルさんが改名するとなって”じゃあ自分も・・・”という乗っかる形で改名を決意。たまたま改名前の名前である藤田裕樹の画数について調べてみたら画数が悪いことが発覚。そしてカタカナのユウキにすることで”大大吉”になるとのことで藤田ユウキに改名されたそうです。

スポンサーリンク

バンビーノって今何してるの?

ダンソンネタが人気だった2015年から5年。バンビーノをテレビで見ることも減ってしまいましたね。2020年現在、2人の元気な姿はYoutubeで見ることができますよ!1番最近の動画ではストリートファイターをプレイしていました。

また、藤田ユウキさんは料理が得意とのことで芸人仲間をゲストに招いてオンライン料理教室も開催!

フライパンを軽やかに振る姿が素敵です。同期である相席スタートの山崎ケイさんとの掛け合いも楽しげで見てて和やかな気持ちになります。

スポンサーリンク

ダンソンのネタを振り返る

バンビーノが一躍有名になったネタの名前は『ダンシングフィッソン族』というものでした。ダンソン!のフレーズが頭に残りすぎてネタの名前を初めて知りました。

「ダンソン フィーザキー トゥーザ ティーサーザ コンサ」「スーザカーザ キーザコーン」「フィッソン ファッソン カイーノ スイースイー」からの、『ニーブラ!』がなんとも言えないリズムで構成されていて意味がわからないけれど笑ってしまいます。

 

ちなみに「ダンソン」とはフランス語で『踊りましょう』という意味。全体的には特に意味はないそうですが何か意味はあるのか考えてしまうフレーズですよね。
スポンサーリンク

まとめ

ダンソンのネタでブレイクしたバンビーノは改名を経て活躍の場をYoutubeへと広げていました!改名して新しいバンビーノになった2人に期待したいですね。ソーシャルディスタンスが過去のものになった日にはまた「ダンソン」からの『ニーブラ!!』を見たいですね!

 

 

以上、ちかちかでした(*^^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました