トイレの床を置くだけ簡単DIY!ガラッとイメチェンしてみた

DIY

皆さんこんにちは(*^^*)

 

ちかちかです。

 

今回は、ずっと気になっていたトイレの床を簡単にDIYしてみたのでその手順や必要なものについて紹介します。簡単に印象を変えることができるので気になる方はぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

トイレの印象は床と壁で変わる

まず、我が家は中古住宅です。

 

少し構造が変わっていてメインである母屋と、部屋とトイレしかない離れが二階でつながってる形です。

 

母屋の方はリフォームしたため基本的にはきれいです。しかし、離れの方は母屋よりも後に増築されたこともあり比較的きれいだったのでメインの壁紙だけ張り替えてもらって終了という形をとりました。

 

なので細かいところはなんとなく古びた感じが残ってまして…気になるわけですね。

 

どうせならきれいにしたいわけですよ。

 

だって我が家ですから。

 

 

いろいろ気になるところがあるけれど、まずはトイレです。

 

リフォーム前の我が家のトイレです。

 

なんだか寂しい感じのくすんだ色合い・・・

 

やっぱりこのままではモヤモヤするなと、一念発起して床と壁を新しくすることにしました。

 

シンプルにお金がないのでDIYでどうにかしようと思ったけど・・・まずどうすればいいんだろう???

 

となったのでネットで検索からスタートです\(^o^)/

 

そうすると見つけましたよ。いいやり方を☆

 

私はこちらのサイトを参考に作業しました。

 

なるほどなるほど。やり方もわかったし、実践あるのみ!!

スポンサーリンク

実際にやってみた

まずは、トイレの部分を切り抜くために型紙を取ります。

 

我が家は新聞紙みたいな大きい紙がなかったのでいらない紙をのりでペタペタして大きい紙にして型紙をつくりました。

 

この作業、地味に楽しい・・・スティックのりとか使うの久しぶりだなぁ・・・

 

奥までいったら、型紙をちゃんと取り外せるようにのりづけしないところも確保

 

頭使うわね・・・

 

そんなこんなで型紙、完成!

今回使用する床材はリフォームの際に余ったものだそうで業者の方がおいていったものを使用。



床材の上に型紙をおいて、マジックで型をとっていきます。


途中まで細字でなぞってたんですけど、太字のほうが断然おすすめ(早く気づいて・・・)

 

失敗しても大丈夫!だってDIYだから!!!←

 

・・・後はハサミでカットしていくだけ!

 

普通のハサミだと切れにくいかなぁと思ったので、以前ゴミの分別用に購入したちょっとお高いハサミを使用。

こういうハサミは何かと便利なのでおすすめです。

 

さて、カットしたものがこちら!がんばった!


最後に、カットした床材を敷き詰めて・・・


完成!!

なかなかきれいにできました!

 

端っこの方とかはちょっとミスって微調整にかなり時間がかかりましたが、良しとしましょう。

 

自己満足でいいんです!!

 

やっぱり自分で完成させるって達成感がありますよね。

DIYの最大の魅力です。

 

手間だし、めんどうだけど、やってみたら自分の想像してたよりも簡単にできて「いい汗かいたわ」って気持ちになりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?手順を踏めばそれなりにきれいなものが出来上がりますよ。

 

余談ですが、ハサミで切るのはやっぱり力がいるわけで・・・私、右手中指のど真ん中に水ぶくれができてしまいました。名誉の負傷ってやつです。非力な女性の皆さんはくれぐれもお気をつけてください。地味に痛いので。

 

 

before           

after

さて次は、壁紙を上から貼り直してトイレを明るくしたいと思います。

 

・・・続く

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました